仮想通貨の主軸となる通貨

主軸となる通貨
仮想通貨には1,000種類以上が存在しますが、最早誰にも取引されず消えていったものも少なくありません。少なくとも注目されていない、もしくは注目されるだけの材料がない通貨には手を出さないのが無難です。

逆に注目を集めたり注目されるべき材料がある通貨は需要があるため、利用者に買われ値を上げることになります。そしてビットコインとイーサリアムは正にそういった条件を満たす仮想通貨なのです。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨です。これは間違いありません。ビットコイン以外の通貨をアルトコインと呼びますが、これは「代わりの通貨」という意味で何の代わりかというとビットコインのことを指しているのです。

市場でもアルトコインを購入する際にビットコインを経由するということは珍しくなく、やはりビットコインは仮想通貨界の基軸通貨といえるでしょう。そのため仮想通貨全体の価値に影響を与え、また与えられる存在でもあります。

イーサリアムはアルトコインではありますが、凄まじい可能性を秘めています。

イーサリアムというのは正確には仮想通貨のプラットフォームの名称であり、通貨単位はイーサとなります。プラットフォームというのはいわば「何かものを作るための土台」を意味し、イーサリアムは疑似的な仮想通貨であるトークンを作る事ができるのです。

そのためイーサリアムをベースとしてEOS、TRON、OmiseGO、Populousといった様々なトークンが生み出されてきました。いずれも大量の資金が投入されているのでイーサリアムの影響力は強いといえるでしょう。

ハードフォークで付与される通貨

ビットコインは取引量が多くなるたびに使い辛くなってきました。送金処理に時間がかかってしまい、スムーズに取引ができないことがあるのです。

これを改善しようとこれまで様々な取り組みがなされてきましたが、その取り組みの1つとしてハードフォークを実施することがあります。

ハードフォークとは簡単にいうと元となるコインから新コインを分裂させより利便性の高いコインを作り上げるという試みです。

これまでにもビットコインからはビットコインキャッシュやビットコインゴールドなどが生まれました。そしてこれらのコインは生まれたときにビットコインの保有量に応じて利用者へと分配されることがあるのです。

タダで新コインを得られるわけですから正に儲けものといえるでしょう。またイーサリアムもハードフォークによりイーサリアムクラシックやイーサリアムベガといった新コインを生み出し、イーサリアムの保有者に分配されました。

このように、ビットコインとイーサリアムは所有しているだけで新しい富を得られる可能性を含んでいるわけです。

ただハードフォークにより生まれた新コインが分配されるかどうかは取引所によるので注意が必要となります。

ビットコインで何度も取引したいならGMOコイン

GMOコイン
GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下企業です。GMOクリック証券などを含むグループの一員であるため、それらの支援を受けることでき、サービスの充実に期待のもてる取引所です。

仮想通貨を取引する場所を取引所と呼ぶことが多いですが、GMOコインは正確には販売所になります。

取引所と販売所の違いを簡単に説明すると、売りたい人、買いたい人が取引するのが取引所、買いたい人、売りたい人が販売所と取引するのが販売所になります。

GMOコインには仮想通貨現物売買と仮想通貨FXの二つのサービスがあります。下にこの二つのメリット、デメリットについて書いていきます。

GMOコインのメリット、デメリット

仮想通貨現物売買のメリット

指定した値段ですぐに売り買いできる、というのが最大のメリットです。

取引所と違い、板がないため、取引するには提示された金額で買う、売るを判断するだけになり非常に簡単です。取引相手が現れず、取引がなかなか成立しない、ということもありません。

取引手数料が無料、最低スプレッドがビットコインで5,000、イーサリアム1,000、リップル0.3と他社と比較すると非常に安くなっているのもメリットです。

仮想通貨現物売買のデメリット

上記の説明と矛盾するように思うかもしれませんが、GMOコインで取引すると取引所と取引するよりも割高になってしまいます。

GMOコインは販売所です。取引所は直接取引、販売所は会社を挟むため、その分の仲介料が必要になり、取引所と比べるとどうしても割高になってしまいます。

そのため、GMOコインでお得に取引するには、取引所を使うのか、販売所を使うのかの選択が必要になります。

仮想通貨FXのメリット

取引手数料無料、最低スプレッドが500円と安い。この最低スプレッドは他社と比較しても格段に安いです。売買を何度も繰り返す短期トレーダーには大きなメリットです。

例えば、スプレッド2000円のA社で取引した場合、100回繰り返すと

A社      2000×100=200,000
GMOコイン   500×100=50,000

と150,000円以上の差が出てしまいます。取引をすればするほどスプレッドの差は大きな違いを生みます。

しかし注意したいのですが、スプレッドは固定ではありません。急な相場の動きがあると、大きく広がってしまうことがあります。いつでも最低スプレッドで取引できるわけではありません。

レバレッジが最大25倍、追加証拠金制度なし

レバレッジとは自分が入れた資金を証拠金とすることで、資金の何倍もの金額で取引を可能にすることをいいます。

証拠金が100万円、レバレッジが10倍の場合、1,000万までの取引が可能になります。少ない資金で大きなリターンを望めるようになりますが、その分リスクも大きくなります。

初心者や経験の浅い人は安易にレバレッジをかけない方がいいでしょう。GMOコインではこの点が配慮され、原則5倍、投資経験、資産状況によって最大25倍を選べるようになります。

追加証拠金とは

追加証拠金とは口座内の証拠金維持率が100パーセントを切ってしまった場合に発生する証拠金の不足額のことです。

自分が口座に入れた資金以上の損失がでる、という点で非常におそろしい状態です。投資が怖いもの、危ないもの、というイメージもこの追証という制度の印象が強いからではないでしょうか。

GMOコインではレバレッジによって定められた証拠金維持率を下回った場合、自動ロスカットが執行されるため、追加証拠金という制度自体がありません。

ただし、だから絶対に大丈夫、というわけではありません。ロスカットが執行され、口座の資金が不足するとその分の請求は行われます。

「絶対に口座資金以上の損失が出ないというわけではない」という点に注意が必要です。

システム周りの使い勝手の良さ

流石にGMOインターネットグループの一員だけあって、システム面は非常に使いやすくなっています。

取引画面は見やすく、操作もしやすいです。初心者が感じるとっつきにくさもなく、チャートのテクニカルツールも充実しています。

また、スマホアプリの評判も良いです。これ一つで十分テクニカル分析をしつつ、トレードできます。

仮想通貨FXのデメリット

スプレッドが安い、というのが最大の魅力なのですが、これがデメリットにもつながります。上にも書いたように、スプレッドは相場によって広がる場合があります。

例えば、買いで保有中、利益がでたので売りたいとき、スプレッドが広がっていれば不本意なコストを支払って取引を確定させるのか、それとも動きが収まるまで待つのかという状況になってしまう可能性があります。これは実際に取引すると、大きなデメリットに感じます。

取引するときは急な動きの時は様子見する、などの工夫が必要です。

どんな人に向いているか

GMOコインの特徴はなんといっても仮想通貨FXです。少ない資金で短期の取引を繰り返したい人に向いています。手数料無料、最低500円のスプレッドを活用すれば、コストは大幅に抑えることができます。

シンプルな取引画面、少額のトレードも可能なことから、初心者の方が練習に始めるのにも向いています。優秀なスマホアプリがあるため、スマホでトレードしたいという人にも向いています。

セキュリティ

仮想通貨ときくとハッキングなどのセキュリティ面に不安を感じるかもしれません。GMOコインでは三井住友海上火災保険株式会社と連携し、サイバー攻撃へ備えています。

扱っている仮想通貨

仮想通貨現物売買では、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルを取り扱っています。

仮想通貨FXではビットコインのFX取引ができます。

今後に期待できる

GMOインターネットグループでは給料の一部をビットコインで受け取れる、という制度がとりいれられることになっています。

また、マイニング事業への参加も表明しています。どちらも仮想通貨に対する強い関心を示しいるといえそうで、今後のサービス充実に期待が持てます。

仮想通貨取引所って何を基準に選べばいいの?

仮想通貨取引をするにあたって、まず最初に行わなければならないのは、やはり取引所への登録でしょう。

ビットコインを個人間で送付するだけであれば特に取引所を介する必要はないのですが、ビットコインを日本円等の既存通貨で売買したりする際には取引所を介さないと難しいため、まずはそちらに登録をするという形になります。では、一体どういった基準で取引所を選定すれば良いのでしょうか。

現在は仮想通貨取引がブームという事もあり、仮想通貨取引所は国内海外合わせると無数に存在します。

それぞれに運営方法や管理方法、手数料等の違いもありますので、どこがベストであるかというのは一概に言う事はできませんが、まず一番に考えたいのは、セキュリティ面であると言えるでしょう。

仮想通貨取引所の中には、残念ながら外部からの不正アクセスや内部の人間の持ち逃げ等による被害が発生してしまっているところもあり、せっかく預けていた仮想通貨が失われてしまうといった可能性も存在します。

記憶に新しいところでは、マウントゴックス事件等もありますので、やはり安心して預ける事のできる取引所を選びたいものですね。

基本的には、国内で有名な取引所を選んでおけばそういったリスクはかなり軽減されるかと思いますので、最初はそういったところから取引を始められるのが良いと言えるでしょう。

そして次に考えたいのが、取引銘柄の豊富さや手数料、そして取引画面の使いやすさです。

この辺りに関しては、気に入らなければ他のサービスに移行すれば良いだけですので、それほど重視はしなくても良いかもしれませんが、一般的には仮想通貨や現金を出金したり別の口座へ送金したりする場合には所定の手数料がかかってきますので、最初の段階から自分に最適なサービスに登録する事によって、そういった無駄な出費を防げるといった面もあるでしょう。

ただ、どうしても実際に取引をしてみないと分からない事も多々ありますので、その辺りは柔軟に対応していければ良いのではないかと思います。