仮想通貨取引所って何を基準に選べばいいの?

仮想通貨取引をするにあたって、まず最初に行わなければならないのは、やはり取引所への登録でしょう。

ビットコインを個人間で送付するだけであれば特に取引所を介する必要はないのですが、ビットコインを日本円等の既存通貨で売買したりする際には取引所を介さないと難しいため、まずはそちらに登録をするという形になります。では、一体どういった基準で取引所を選定すれば良いのでしょうか。

現在は仮想通貨取引がブームという事もあり、仮想通貨取引所は国内海外合わせると無数に存在します。

それぞれに運営方法や管理方法、手数料等の違いもありますので、どこがベストであるかというのは一概に言う事はできませんが、まず一番に考えたいのは、セキュリティ面であると言えるでしょう。

仮想通貨取引所の中には、残念ながら外部からの不正アクセスや内部の人間の持ち逃げ等による被害が発生してしまっているところもあり、せっかく預けていた仮想通貨が失われてしまうといった可能性も存在します。

記憶に新しいところでは、マウントゴックス事件等もありますので、やはり安心して預ける事のできる取引所を選びたいものですね。

基本的には、国内で有名な取引所を選んでおけばそういったリスクはかなり軽減されるかと思いますので、最初はそういったところから取引を始められるのが良いと言えるでしょう。

そして次に考えたいのが、取引銘柄の豊富さや手数料、そして取引画面の使いやすさです。

この辺りに関しては、気に入らなければ他のサービスに移行すれば良いだけですので、それほど重視はしなくても良いかもしれませんが、一般的には仮想通貨や現金を出金したり別の口座へ送金したりする場合には所定の手数料がかかってきますので、最初の段階から自分に最適なサービスに登録する事によって、そういった無駄な出費を防げるといった面もあるでしょう。

ただ、どうしても実際に取引をしてみないと分からない事も多々ありますので、その辺りは柔軟に対応していければ良いのではないかと思います。