仮想通貨の主軸となる通貨

主軸となる通貨
仮想通貨には1,000種類以上が存在しますが、最早誰にも取引されず消えていったものも少なくありません。少なくとも注目されていない、もしくは注目されるだけの材料がない通貨には手を出さないのが無難です。

逆に注目を集めたり注目されるべき材料がある通貨は需要があるため、利用者に買われ値を上げることになります。そしてビットコインとイーサリアムは正にそういった条件を満たす仮想通貨なのです。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨です。これは間違いありません。ビットコイン以外の通貨をアルトコインと呼びますが、これは「代わりの通貨」という意味で何の代わりかというとビットコインのことを指しているのです。

市場でもアルトコインを購入する際にビットコインを経由するということは珍しくなく、やはりビットコインは仮想通貨界の基軸通貨といえるでしょう。そのため仮想通貨全体の価値に影響を与え、また与えられる存在でもあります。

イーサリアムはアルトコインではありますが、凄まじい可能性を秘めています。

イーサリアムというのは正確には仮想通貨のプラットフォームの名称であり、通貨単位はイーサとなります。プラットフォームというのはいわば「何かものを作るための土台」を意味し、イーサリアムは疑似的な仮想通貨であるトークンを作る事ができるのです。

そのためイーサリアムをベースとしてEOS、TRON、OmiseGO、Populousといった様々なトークンが生み出されてきました。いずれも大量の資金が投入されているのでイーサリアムの影響力は強いといえるでしょう。

ハードフォークで付与される通貨

ビットコインは取引量が多くなるたびに使い辛くなってきました。送金処理に時間がかかってしまい、スムーズに取引ができないことがあるのです。

これを改善しようとこれまで様々な取り組みがなされてきましたが、その取り組みの1つとしてハードフォークを実施することがあります。

ハードフォークとは簡単にいうと元となるコインから新コインを分裂させより利便性の高いコインを作り上げるという試みです。

これまでにもビットコインからはビットコインキャッシュやビットコインゴールドなどが生まれました。そしてこれらのコインは生まれたときにビットコインの保有量に応じて利用者へと分配されることがあるのです。

タダで新コインを得られるわけですから正に儲けものといえるでしょう。またイーサリアムもハードフォークによりイーサリアムクラシックやイーサリアムベガといった新コインを生み出し、イーサリアムの保有者に分配されました。

このように、ビットコインとイーサリアムは所有しているだけで新しい富を得られる可能性を含んでいるわけです。

ただハードフォークにより生まれた新コインが分配されるかどうかは取引所によるので注意が必要となります。